2019年1月31日木曜日

【活動報告】講演会「宇治茶の歴史~伝説と史実」

日時 平成31120日(日)13時~15時 場所 宇治茶会館
講師 橋本素子氏(公益社団法人京都府茶業会議所理事)

宇治茶の中世は伝説の時代である、という先生の言葉で始まった講演会。
1.「深瀬三本木」伝説
伝説の成立過程
南北朝期以降の資料…栄西から譲られた茶を3本植えた
  1420年の資料…栄西から茶の種を渡された。本の茶は栂尾、非は宇治等の事
  1400年代後半の資料…栄西が宋から持ち帰って明恵に伝える。(明恵が茶を広める)
  1564年資料…栄西の記述が見られず、明恵が中国から持ち帰ったことになっている
しかし、資料として価値のある同時代資料は2通のみ。そこからわかるのは、下記2点。
明恵上人が知り合いにお茶のもてなしを約束している事
茶の実がまだ熟していないので、頃合いになったら差し上げる=高山寺には茶の木が    植えられていた事

闘茶「本非茶」の変遷
南北朝時代「異制庭訓往来」…「栂尾を以て第一となすなり。」
      宇治は次のグループ6箇所の中に入る
1383年資料…「栂尾・宇治茶などにてありとも~」と並列されている
      ただ、この時代、栂尾が上だという資料も残っている
15世紀後半(応仁の乱あたりから)資料…宇治と栂尾が両方トップである

2.「宇治七名園」伝説
伝説の成立
1564年「分類草人木」…足利義滿に仙人が茶を進上するという荒唐無稽な内容だが七名園の名が出てくる最初の資料
1612年資料…だいたい上記と同。「異説これあり」とも書かれている
同時代資料「朝日園」、「森園」の名は見られるが、七名園の他の名は表れていない

宇治大路氏の活躍
宇治大路氏は室町幕府の奉公衆でもあったが、槇島城の戦いにおいて足利方について敗北し、以後、歴史には出てこなくなる  →茶師として、上林氏などが台頭
宇治茶師たちは、五ケ庄、白川、一の坂などに点在していたが、だんだんと土地を買求め、宇治橋周辺(宇治郷)に集まってくるようになった 

3.明恵から宇治へ「駒の蹄影」伝説
伝説の成立
1652年の資料(明恵の時代のほぼ400年後)…「駒の足陰」と書かれている
1676年売茶翁「梅山種茶譜略」 異なった内容が書かれている
   明慧(明恵?)が中国に行った
   義滿が大内義弘に命じて、栂尾の茶を宇治に植えた 云々
        (宇治の製茶家が毎年新茶を栂尾にお供えするなどとも書かれている)
1748年の資料 1676年に書かれたものを引用(孫引き)
   ここで初めて「梅山の尾上の茶の木分植えて迹ぞ生べし駒の蹄影」と記載
「駒の蹄影」園のある五ケ庄は室町時代には高山寺・入江坊雑掌によって管理される
1436年には同じ高山寺内の閼伽井坊雑掌と揉め事があったことがわかる

4.まとめ
宇治茶はトップブランドゆえに伝説が重なりあう
ブランドの条件…オリジナリティー、ストーリー、ロイヤリティー、イミテーション
伝承はブランドが深化するにつれて作られていく

【お抹茶とお菓子で一服】と質疑応答、まとめ
橋本先生のお好きなお抹茶をめいめいで点てていただき、歓談の時間を設けました。
質問では、今まで話をしていた事が伝説なら、これからどのように説明したらよいのか
という意見も出ましたが、「~と言われています」という説明をするのは良いのでは
ないかということです定員50名を上回る方にご参加いただき、とても有意義な時間となりました。貴重な講演をいただきました橋本素子先生、参加者の皆様、開催にあたりご協力下さいました方々にお礼申し上げます。

2019年1月29日火曜日

宇治茶BARスタッフ募集(H31-3/16)

受付終了しました。
京都府支部会員 各位
宇治茶BAR(主催:京都府避難者支援PF)を以下の通り実施します。来場者と対面で宇治茶のことを話しながら、おもてなしをお願い致します。
主催  京都府農産課、京都府避難者支援PF 
日時     平成31年3月16日(土) 12:00~15:00予定 
     集合11時 解散16時予定
◇会場  聞法会館 京都市下京区堀川通花屋町上ル
◇対象  東日本大震災による避難者支援交流・相談会参加者
◇内容     宇治茶のふるまい「宇治茶BAR(玉露)」 
        お客様と和やかにお話しながら宇治玉露を淹れる
◇募集  日本茶インストラクター 2名
◇条件  宇治茶の説明が出来る方
謝金  有り(交通費込み)
◇締切  2月
◇其他  駐車場有り
-----------------------------------------------------------------------------------------     
申込み要領> 1.日本茶インストラクター認定番号 2.氏名 3.連絡先(TELFAXE-Mail)4.簡単な自己PR を明記して、京都府支部事務局宛てにお申込み下さい。FAX 0774-23-9651  E-Mail nihoncha-inst.kyoto@car.ocn.ne.jp 問合せ TEL090-3625-6512 事務局

2019年1月27日日曜日

イオンモール久御山「ハレの日茶会」スタッフ募集

受付終了しました。
京都府支部会員 各位
イオンモール久御山にて「ハレの日茶会」が開催されます。スタッフを以下の通り募集致します。会員皆様のご応募お待ちしています。
◇主催  イオンリテール、イオンモール(株)、京都府、宇治茶の郷づくり協議会、
     (公社)京都府茶業会議所、京都府茶協同組合
日時  平成31年2月2日(土)、3日(日) 集合解散  各日:10時半~17時半 
     体験実施時間 各日:11時-17時
会場  イオンモール久御山 憩いの広場
     〒613-0024 京都府久世郡久御山町森南156-1 
対象  一般来場者
◇内容・募集人数
     1.宇治抹茶体験        募集:各日4名
     2.宇治茶(玉露・煎茶)呈茶  募集:各日2名
◇応募条件 1.宇治茶の説明が出来る方。抹茶を点てることが出来る方
        2.呈茶と淹れ方デモンストレーションができる方      
謝金  有り(交通費、昼食込)
◇締切  イベントの1週間前
◇その他 *応募多数の場合は、ご希望に添えないこともございます。
     *ご依頼する方のみ、別途詳細をご連絡致します。 
-------------------------------------------------------
■申込み要領  1.会員認定番号(日本茶インストラクター・日本茶アドバイザー) 2.氏名 3.連絡先(TELFAXE-Mail) 4.希望日 5.可能な自己アピール を明記して、(なるべくメールで)京都府支部事務局宛てにお申込み下さい。 ※担当内容(1.2.)については、事務局で調整いたします。ご希望があれば応募時に書き添えて下さい。ご理解ご協力をお願い致します。  FAX 0774-23-9651  E-Mail nihoncha-inst.kyoto@car.ocn.ne.jp  ■お問合せTEL090-3625-6512 事務局

2019年1月25日金曜日

【お知らせ】個人活動報告(H31.1月)

京都府支部会員各位
平素は支部活動にご理解ご協力有難うございます。
さて、京都府支部では年間(2月~翌1月)個人で活動された内容を通常総会資料にて報告しております。平成31年1月に個人でお茶教室等を実施された方で、掲載ご希望の方は、事務局迄ご一報頂ければ幸いです。

◆個人活動報告: 『平成31年1月分』を協会規定フォーマット(Excel形式)で簡潔におまとめ下さい。フォーマットが必要な方は、お手数ですが事務局にご請求下さい。尚、去年2月~12月分は既にご報告頂いている『茶論』掲載分を使用させて頂きます。
◆報告締切:2019年2月5日(火)
◆問合わせ:090-3625-6512 京都府支部事務局

2019年1月18日金曜日

京都府支部主催の茶香服大会スタッフ募集(H31-3/2)

受付終了しました。
京都府支部会員 各位
日本茶インストラクター協会京都府支部主催の「茶香服大会」を手伝って下さるスタッフを募集します。本格的な茶香服(ちゃかぶき)を、開催者側から学べる機会です。
◇主催  日本茶インストラクター協会京都府支部
日時  平成31年3月2日(土) 13:30~17:00頃 
      集合:通常総会にご出席後 解散:茶香服大会終了片付け
会場  宇治茶会館大ホール(宇治市折居25-2) 
対象  会員・一般合計約75名 
募集  6名 
◇内容  茶香服の配手
◇応募条件 ・配手経験者希望(初めての方には、支部役員が方法を説明します)
        ・研修会「茶香服の歴史と開催方法」(2018.9.15開催)参加者優遇 
謝金  薄謝有ります
◇締切  2019年2月上旬
◇其他  通常総会にご出席お願いします。  
-------------------------------------------------------
申込み要領 1.認定番号(日本茶インストラクター・日本茶アドバイザー) 2.氏名 3.連絡先(TELFAXE-Mail) 4.研修会(2018.9.15)の参加を含め、経験の有無 5.可能な自己アピール を明記して、(なるべくメールで)京都府支部事務局宛てにお申込み下さい。FAX 0774-23-9651  E-Mail nihoncha-inst.kyoto@car.ocn.ne.jp お問合せ TEL090-3625-6512 事務局

【お知らせ】宇治茶ムリエ講座に係る産地学習会(宇治田原)

事務連絡
平成31年1月18日 

日本茶インストラクター協会京都府支部会員 様
京都府山城広域振興局
農林商工部企画調整室 
宇治茶ムリエ講座開催に係る産地学習会の実施について 
初春の候、ますます御清祥のこととお喜び申し上げます。
平素は、本府の茶業振興の推進につきまして格別の御配慮を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて、今年度から、宇治茶ムリエ講座の内容を充実させるため、毎月1回、茶生産をしている市町村で開催する宇治茶ムリエ講座に合わせて、日本茶インストラクター及び日本茶アドバイザー向けに産地学習会を実施しているところです。
つきましては、2月に開催する宇治玉露での宇治茶ムリエ講座に先駆け、宇治田原町での玉露生産に係る産地学習会を下記のとおり実施しますので、奮って御参加ください。
参加御希望の方は、別紙参加申込書を平成31年2月4日(月)までに京都府山城広域振興局 高木あてメール又はFAXでお送りいただきますようお願いいたします。
 
1 日  時  平成31年2月7日(木)14:00~15:00
2 場  所  京都府茶業センター1階会議室(宇治市宇治折居25番)
3 内  容  宇治茶ムリエ講座 産地学習会 ≪玉露≫
    講師:(公社)京都府茶業会議所 統括理事 下岡久五郎氏        


事務局
京都府山城広域振興局
農林商工部企画調整室
農業・宇治茶振興担当 高木
電話
FAX
E-mail
0774-21-2392
0774-22-8865
s-takagi77@pref.kyoto.lg.jp




<別紙>
※2月4日(月)までに、メールまたはFAXにて申込願います。


京都府山城広域振興局 高木あて FAX:0774-22-8865
               メール:s-takagi77@pref.kyoto.lg.jp
 産地学習会 参加申込書 
氏 名

電 話

メールアドレス

認定番号
(日本茶インストラクター・
日本茶アドバイザー)


宇治茶ふれあい教室スタッフ募集

平成31年1月18日
日本茶インストラクター協会京都府支部
「宇治茶ふれあい教室」スタッフ登録者様
京都府茶協同組合
平素は本組合の事業推進に、格別の御支援、御協力を賜り厚くお礼申し上げます。「宇治茶ふれあい教室」を下記により実施いたしたいと存じます。そこで、スタッフとして参加の御希望の方は℡0774-23-7711北川宛てに御連絡ください。また、参加者が多数の場合は組合事務局にて決定いたします通知については電話で御連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。御多用のところ、誠に恐縮に存じますが、御協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。
イベント内容
菟道小学校 ふれあい教室
日程
平成31年2月14日(木)
会場
菟道小学校 2F ランチルーム
集合
9:00
講師料金(交通費込)
有り
開始
9:35
終了
12:00予定
インストラクター
林屋、他二名
内容
茶香服(45分) 少し説明含む

2019年1月16日水曜日

宇治茶ふれあい教室スタッフ募集

日本茶インストラクター協会京都府支部
「宇治茶ふれあい教室」スタッフ登録者様
                                            京都府茶協同組合
「宇治茶ふれあい教室」の実施に伴うスタッフの募集について
平素は本組合の事業推進に、格別の御支援、御協力を賜り厚くお礼申し上げます。つきましては、「宇治茶ふれあい教室」を下記により実施いたしたいと存じます。そこで、スタッフとして参加の御希望の方は℡0774-23-7711北川まで御連絡ください。また、参加者が多数の場合は組合事務局にて決定いたします通知については電話で御連絡いたしますのでよろしくお願いいたします。御多用のところ、誠に恐縮に存じますが、御協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。
平成31年2月6日(水) 岡屋小学校 会場:同学校内
★インストラクター要請(林屋・募集2名)講師料有り(交通費込み)
・集合 現地9:00 
・内容 石臼体験、美味しい淹れ方(抹茶) 2クラス(40分)

平成31年2月13日(水) 木幡小学校 会場:同学校内
★インストラクター要請(林屋・募集1名)講師料有り(交通費込み)
・集合 現地8:50
内容 茶香服  4クラス(45分)